slide_show

2020.10.25 週末おむすびチャンネル vol. 24

詩ってなんだろ? <名詩集を読んでみた編>

これまであまり詩に触れてこなかった梅と鮭が、詩のことをもっと知りたい!とはじめたシリーズ「詩ってなんだろ?」。 前回は、素人ながらもフランス詩人の詩集に手を出し […]

read more>>

2020.10.18 週末おむすびチャンネル vol.23

『生きがいについて』おすすめ編

今回取り上げる本は、ハンセン病患者に寄り添い、尽くした精神科医・神谷美恵子さんによる『生きがいについて』(みすず書房)。1966年に出版され、当時「生きがい論ブ […]

read more>>

2020.10.10 週末おむすびチャンネル vol.22

食と本のおいしい話

秋も深まり、ごはんがおいしい季節です。今回の週末おむすびチャンネルは「食と本」をテーマに、梅と鮭が読んできた料理本やエッセイのこと、物語に登場するおいしい食描写 […]

read more>>

2020.10.3 週末おむすびチャンネル vol. 21

『切りとれ、あの祈る手を』おすすめ編

今回取り上げる本は、2010年に刊行された『切りとれ、あの祈る手を  <本>と<革命>をめぐる五つの夜話』(佐々木中 著/河出書房新社)です。 おむすびブックス […]

read more>>

2020.9.26 週末おむすびチャンネル vol.20

『蜜蜂と遠雷』音楽描写を語ろう編

2016年に刊行された『蜜蜂と遠雷』は、本屋大賞・直木賞をダブル受賞、さらに昨年は映画も話題となりました。本作は国際ピアノコンクールを舞台にした群像劇であり、4 […]

read more>>

2020.9.19 週末おむすびチャンネル vol.19

『幻獣辞典』感想編

『幻獣辞典』(ホルヘ・ルイス・ボルヘス著/河出書房新社)は、世界各地に伝わる架空の生き物や小説に出てくる不思議な動物など、120の「幻獣」を辞典としてまとめた一 […]

read more>>

2020.9.12 週末おむすびチャンネル vol. 18

『服従の心理』感想編

『服従の心理』(スタンレー・ミルグラム著/河出書房新社)は、社会心理学者のミルグラムが権威に服従する人間の心理を科学的に検証した一冊。原書は1974年にアメリカ […]

read more>>

2020.9.6 週末おむすびチャンネル vol.17

詩ってなんだろ?<フランス詩に撃沈編>

これまであまり触れてこなかった詩の世界。詩って、一体なんだろう。もっと詩を知りたい。そんな思いから詩の扉をたたいてみました。 今回は、週末おむすびチャンネルvo […]

read more>>

2020.8.30 週末おむすびチャンネル vol.16

読書のよろず話<積ん読>

もうすぐやってくる読書の秋。ところで、買ったまま1ページも開いていない本、途中まで読んで放置している本……いわゆる「積ん読」状態になっている本はありませんか? […]

read more>>

2020.8.16 週末おむすびチャンネル vol.15

『幻獣辞典』おすすめ編

今回取り上げる本は、『幻獣辞典』(ホルヘ・ルイス・ボルヘス著/河出書房新社)。 世界各地に伝わる架空の生き物や小説に出てくる不思議な動物など、120の「幻獣」を […]

read more>>

2020.8.9 週末おむすびチャンネル vol.14

『服従の心理』おすすめ編

今回取り上げる本は、『服従の心理』(スタンレー・ミルグラム 著/河出書房新社)。人は権威のある人から命令されると、自分の意に反することでも服従してしまうのか。1 […]

read more>>

back to top