slide_show

2020.5.4 column 新連載スタート!

週末おむすびチャンネル column 新連載スタート!

このたび、おむすびブックスのホームページで、「週末おむすびチャンネル」をスタートします。

「週末おむすびチャンネル」は、おむすびブックスの梅と鮭による、読書をめぐる読み物企画。毎回1冊の本を取り上げ、<おすすめ編><感想編>に分けて、二人が話をしていきます。

 

おむすびブックスは、梅と鮭、それぞれが仕入れたい本を注文し、棚を作っているのですが、<おすすめ編>では、相手が仕入れた本のなかから読みたい本を1冊選び、おすすめポイントを教えてもらいます。

<感想編>は、おすすめのポイントをふまえた上でその本を読み、読んだ感想を話します。

 

<おすすめ編>を掲載した2週間後くらいに、その本の<感想編>をアップする予定です。

 

5月〜6月に取り上げる本はこちら。

『三つ編み』レティシア コロンバニ/早川書房

『寺田寅彦 科学者とあたま』STANDARD BOOKS/平凡社

『ある晴れた夏の朝』小手鞠るい/偕成社

『園芸家の一年』カレル チャペック/平凡社

 

おむすびブックスのホームページをつくってからというもの、コラム欄が2018年で止まったままで、なにか書かねば…と思いながらもあっというまに2020年5月(コロナ禍という予想もしなかった未来が待っていました…)。

以前から、私たちは週末にときどきオンラインで本の話やおむすびブックスの打ち合わせなどをしていたのですが、そのやり取りのなかで思いついたのがこのおすすめ本の企画。

一度試してみると思いのほかおもしろく、自分なりに読書についての発見もあり、このおしゃべり(の、文字起こし)をお届けしてみようと考えたのでした。

 

週1回くらいのペースで更新していければと思っています。どうぞよろしくお願いします!

投稿者: おむすびブックス

back to top